カテゴリ:ESSE( 58 )

【衣類スチーマーで美服!】

2つ目は、Panasonicの衣類スチーマーNI-SF300。

f0238584_13242299.jpg
着ようと思っていた服を出したら、シワが(汗)
なんてことありませんか?

そんな時あきらめて別の服にしてしまう場合が70%だそう。


f0238584_13242135.jpg
やっぱりこれがあったら便利!だと以前から思ってました。
実はアイロンがけが苦手&嫌いな私。
こんなアイロンもかけられないふんわりした服も、Yシャツも吊るしたままかけられるのは便利。


f0238584_13242279.jpg
ハンガーに吊るしたままできるので、慌しい朝やお出かけ前に便利。

f0238584_13242381.jpg
しかも気になる匂いの脱臭や除菌までできるなら。

f0238584_13242499.jpg
クリーニング代も節約できそうですね。
[PR]
by kokonehanako | 2013-11-28 13:23 | ESSE

【泡洗浄のドラム式洗濯乾燥機】

まず最初のプレゼンテーションは

Panasonicのドラム式洗濯乾燥機NA-VX9300

洗濯機を購入の際、最も悩むのは縦型かドラム式かではないでしょうか。
残念ながら我が家は義母の代から20年近く使っていた洗濯機を昨年買い換えたばかり。
しかも縦型。
理由はドラム式は汚れが落ちにくいと聞いたから。

それを見事に解消して発売されたそうなんです!
f0238584_12221772.jpg


それはこの温水機能。

f0238584_12221857.jpg

水温が高いほうが汚れが落ちるというのは常識ですよね。
当然水温が低いと汚れは落ちにくい。
東京でも年間約1/3は水温が低い日があるんです。

そこでこの「15℃洗濯モード」
水温が低い日は自動でヒーターON。
水温を上げて洗濯してくれるんです。

f0238584_12221819.jpg

さらに、Yシャツなどの皮脂汚れを落とす「40℃洗浄コース」
さらにさらに、タオルや布巾や肌着など清潔に保ちたい場合は「60℃除菌コース」

水を温めるのなら心配なのは電気代。
少ない水で洗うドラム式だからこそできる技。
1回あたりの電気代もリーズナブルなんです。

もう1つの洗浄力。
CMで御馴染みの西島秀俊さんが「泡がすごい!」と言っている「泡洗浄」

f0238584_12221951.jpg

 

f0238584_12221976.jpg

 

f0238584_12222059.jpg

この3つの力で洗浄力がアップ!
食器洗いや洗顔でも確かに「泡」で洗うことが大事。


そして、心配なのが乾燥による痛みや縮み。

f0238584_12222098.jpg
ドラム式はたたいて洗うので、この乾燥によって寝ている繊維を起こし、ふんわり仕上げてくれます。
だからドラム式では天日干しよりも乾燥までするのがお勧めだそうです。

 

f0238584_12222181.jpg

ヒートポンプで縮みや変形を抑えてくれます。

f0238584_12222180.jpg

新しくジェット乾燥も加わり、シワも抑えてくれます。

f0238584_12222136.jpg
これもうれしい機能の「自動お手入れ」
洗うたびに槽をきれいにし、ナノイーでクリーンな状態に保ってくれるんです。
洗濯槽のカビが衣類についてしまうことがありません。

もちろん「エコナビ」つき。
衣類の量や質も見分けて運転。
汚れの程度まで見分けて洗ってくれるのはPanasonicだけなんだそう。


やっぱりここまで進化しているなら、ドラム式は魅力的。
乾燥まで行う人には、かなりおすすめです。
さらにPM2.5や花粉など、心配な方にはなおさらおすすめですね。

まあここまで機能がついているとお値段もそれなりですが
我が家も次回買い替えの際には、ドラム式になってるかも・・・







[PR]
by kokonehanako | 2013-11-28 13:12 | ESSE

【ESSE Autumn プレゼンテーション2013】

先週開催された
「ミセスレポーターin東京會館
ESSE Autumn プレゼンテーション2013」

プラチナレポーターになってから早3年、これで何回目だろう…
初めての秋の開催となり、今回も参加させていただきました!

f0238584_11482663.jpg


ふくしまツアーで知り合い、その後のお付き合いもある小林ゆうちゃんと会場で待ち合わせ。
さらに、ふくしまツアーの関係者の皆様、以前ヤクルトのジョアやPanasonicのBistoroの撮影でお世話になった方々、ESSEの編集長や編集の方々にも再会し、ご挨拶することができました。

一番の目的は皆さんにお会いすること・・・?
いやいや、しっかりレポートもしなければ!


今回のプレゼンテーションは、

1.パナソニック株式会社
ドラム式洗濯乾燥機 NA-VX9300

2.パナソニック株式会社
衣類スチーマー NI-SF300

3.パナソニック株式会社
トップユニット式冷蔵庫 NR-F568XG

4.パナソニック株式会社
加湿空気清浄機 F-VXJ90・F-PKJ20・F-PDJ30

5.福島県
福島県産米における安全・安心の取組みと「天のつぶ」について

6.ブラザー販売株式会社
新定番「プリビオ」で「ステキ!」と言われる年賀状づくり。

7.株式会社ヤクルト本社
「Yakult Dolce」「ヤクルトフルーティ」新商品のご紹介


しばらくレポが続きますが、お付き合いくださいませ。
[PR]
by kokonehanako | 2013-11-26 11:50 | ESSE

【お米の全量全袋検査】

「新生!ふくしまの恵みプロジェクト」

f0238584_10494080.jpg

2日目はお米の全量全袋検査の様子を見学にJA会津みどりさんへ

f0238584_10494188.jpg

稲刈り、脱穀を終えて袋詰めされた玄米が次々と運ばれてきています。
今年は作柄品質ともとても良いそうです。

出荷・販売する米だけでなく、飯米、縁故米、食用となる「ふるい下米」など全ての米が検査対象。

f0238584_10494389.jpg

県内17箇所で集められ、この機械(1台2000万円!)に一袋ずつ入れていきます。
ここは手作業なんです。

f0238584_10494440.jpg

まるで空港の荷物検査のよう。

f0238584_10494426.jpg

米袋のバーコードを読み取り、放射性物質を検査中。

f0238584_10494546.jpg

基準値以下の場合は〇

f0238584_10494527.jpg

検査済みのお米にラベルを貼付。
検査情報をデータベースに登録されます。

1台で6万袋
15秒で1袋
1日2000袋~!

通常出荷するお米は9月末から始まって、11月末まで。
その後は、自家保有米や籾殻などもれなく全て行うそうで7月までかかるそうです。

f0238584_12124618.jpg


これらは貯蔵庫に積んである去年のもの。
悲しいことに「売れなくて行き場のない米」と報道されることもあるそうなんですが、
これはすでに完売していて出荷先が決まっているので、貯蔵しているんだそうです。
報道全てを信じてしまうのも怖いことです。

悲しいことに、ほんとに美味しいブランド米がスーパーで安く売られているのが現状です。


お米以外にも700品目くらいの「野菜・果物」がモニタリング検査をして出荷されています。
一口に検査といっても、それはそれは大変な作業。
サンプルを細かく粉砕して隙間なく容器に詰めて。
外気に触れていない余った新聞紙を取り寄せて、それを敷き詰めて、検査品目1種類ごとに全部取り替えて・・・

風評被害・・・
いろいろな情報が飛び交っていますが、まずは自分の目で確かめてみる必要があると思いました。
もちろん制限されているものもまだまだあります。
ただ、きちんと検査して安全と確認されたものが流通されているんです。
不安を抱えているより、まずは知って、理解して、納得して、それから選んでいくことだと思いました。

ふくしま新発売。
http://www.new-fukusima.jp/

↑こちらのサイトではふくしまの今と農林水産物のモニタリング情報をみることができます。

そして福島県では、実際に他県から足を運んでもらうモニターツアーを実施しています。
今回は、女性ブロガーの方々に現在の福島の姿や様々な取組みを見て発信してもらう企画だそうです。
ツアーは10月31日(〆切21日)
詳しくは→モニターツアーへ。   
[PR]
by kokonehanako | 2013-10-10 20:02 | ESSE

【会津のお餅】

退院から2週間、検査結果が出ました!
食べ物のアレルギーは何もありませんでした~!

その代わり、花粉症だということが判明(苦笑)
スギの数値が高く、ヒノキ少々らしいんですが…
そういえば今年目が痒かったような気がするけど花粉症じゃないです、って言ったら、
今にも発症してもおかしくないらしく、来年はマスクして予防した方がいいということでした。
発症前にわかって良かったといえば良かったのか…

それはともかく、アナフィラキシー寸前の原因は?
たぶん、回転寿司で食べた魚の鮮度かなと。
かといって食中毒ではなく、魚の鮮度が落ちて増殖する物質に反応したみたい。

なので、生ものがダメということではなさそう。
その時の体調とか色々原因が重なったりするらしいけど、あんな思いをするのはもう嫌なのでまだ食べてません。

先生からは、お店を選ぶとか新鮮なものを食べるように気をつけることですね〜と。
なんとも曖昧な結果でしたが…

私みたいにアレルギーもなく健康な身体で、普通に生活していてもいつ何があるかわかりません!
とにかくこういう場合は迅速な対応が大事です。
この場合、速攻、救急車です。
アラフォーにもなると、身体に色々変化が出てくるというし…
皆さんも気をつけてくださいね。


f0238584_1226101.jpg

先日の福島の農家T-farming(ティファーミング)さんから頂いたお餅。

f0238584_122610100.jpg

焼いてると、ぷくーっと膨らむ瞬間が楽しい。

f0238584_12261171.jpg

最近買った、大分産のきな粉をかけて。
のびが良く、餅だけにもっちり!

もちろんこちらも全袋検査済み。
放射能検査だけに限らず、これからはなるべく信用できる食べ物を選んでいきたいです。
[PR]
by kokonehanako | 2013-10-08 12:25 | ESSE

【いろりの宿 「芦名」】

ESSE関係者の方々とはしばしお別れ。

私達レポーターはリビング、県の方々とご一緒したのは
会津東山温泉 いろりの宿 「芦名」
皆さんが口をそろえてかなり素敵な宿だと言っていたのでかなりの期待大!

f0238584_12373167.jpg

この佇まいからして私のハートは奪われました(笑)

f0238584_12373231.jpg

重厚な玄関を入るといろりがあり、天井から吊るされている電気も素敵。
光に負けて上手く撮れなかったけど、乳白色の笠がかわいい!

f0238584_12373382.jpg

昔の電話があちこちに。

f0238584_12595117.jpg


階段を上がると大きな掛け時計。

f0238584_1237343.jpg

部屋は広々とした落ち着く和室で、レポーターのお2人と一緒に。

f0238584_12373453.jpg

ちょっとしたあしらいが和みます。
先に源泉かけ流しのお風呂へ。
こじんまりした広さですが露天風呂もあり落ち着きます。

f0238584_12373585.jpg

いろりの宿という名のとおり、お食事もいろりでいただきます。

f0238584_12373638.jpg

天井も重厚な梁。

f0238584_12373925.jpg

お風呂上りの一杯は、うまい!!

f0238584_12373778.jpg

いろりの炭火を囲んで味わっていただける、会津ならではのお食事コースを堪能。
皆さんとの会話も弾む弾む!

f0238584_1318117.jpg

会津特産の馬刺しや、、四季折々の旬の地元野菜料理

f0238584_12373847.jpg

鯉こく。
残念ながら、入院以来まだ生もの禁止なので、馬刺しも鯉こくも生卵もおあずけでした(涙)
しかし「会津焼」や「会津塗」など盛り付ける器にもこだわりがあり目にも楽しませてくれました。

f0238584_12373955.jpg

会津ブランド食材「会津地鶏」
水晶プレートで焼いてくれます。

そして福島の美味しい日本酒も。
一つ一つ違う切子のお猪口でとっても素敵。

食事のペースに合わせ一番美味しくいただけるタイミングで順番にお料理を出してくれます。

f0238584_12374020.jpg

夕食後、またまた温泉へ。
今度は湯めぐりで、すぐ近くの旅館の大浴場へ。

f0238584_13433216.jpg

粋な市場かごを持たせてくれます。
中にはバスタオルと↑の浴用タオル。
この浴用タオルは「丁子染」。

丁子は古来より、薬用や香水、香染、スパイスなどだけでなく、防虫、防カビ、日本刀の錆止めなどに用いられてきました。
記録では、紀元前3世紀の中国の宮廷で皇帝と話すときに口臭消しとして口に含んだとあります。
エジプト、ギリシャでも知られ、正倉院御物の保存に使用されたりしています。


レポーターのお2人、リビングの編集長、編集の方とも裸のおつきあい^^
半身浴しながら、たくさんお話できて楽しかったです。

f0238584_12373580.jpg

やわらかい灯りとともにおやすみなさ~い。

f0238584_12374191.jpg

朝食もいろりで。
ザ!日本の朝御飯です。

f0238584_12374280.jpg

鮭もいろりで焼いてくれます。
とーってもご飯がすすむものばかりでしたが、後々の食いだおれツアーに備えておかわりはグッと我慢。


こちらの旅館、ほんとにお勧めです。
私の中で、また訪れたい宿、3本の指に入ります。
これからの紅葉の季節、雪が深々と降る冬にもぜひ!!


そして一行は、すがすがしい秋晴れの朝、美人女将と若女将に見送られ、次の場所へ・・・
[PR]
by kokonehanako | 2013-10-04 09:03 | ESSE

【稲刈り体験】

急募!たのしーことCLUBはこちら→

イベント「つながリズム。vol.8」(→)のワークショップとコラボカフェのお申し込み状況です。
(9/27現在)
まだ受付中です。
お申し込みお待ちしています!

1日目のワークショップは→

2日目のコラボカフェは→

カフェとワークショップはご予約が必要ですが
それ以外の展示・販売(ハンドメイドの雑貨・お菓子等)はご自由にご覧いただけます。
ご予約のない方もお気軽においでください   


***************

「新生!ふくしまの恵みプロジェクト」


お腹いっぱいになったところで、次に向かったのは・・・

会津米の生産者邸
T-farming(ティファーミング)さん

f0238584_10233655.jpg

磐梯山を前に、辺りは一面黄金色。

f0238584_10233594.jpg

早速、コーディネートされた作業着に着替えて準備万端!
ジャケット姿だった編集長もここではつなぎがベストマッチです。
「農家のお嫁さんに~」
と言われましたが、
「すでに農家の娘です」
と(笑)

f0238584_1245296.jpg

最初に刈りやすいようにしてくれるお父さん。(速い速い!)
その様子を撮影するカメラマンとその後ろに編集長。
その姿を撮影する私^^

そして手狩りのやり方を教えていただき、いざ!
・・・と、まあ夢中だったので画像がありません。
ESSEに載るかな~?

撮影が終わっても楽しくて夢中で刈ってるお2人。
農家の娘である私の経験上、機械でやるところをあまり刈ってしまうと後々面倒かな~と立っていたら、
「飽きちゃってた?」
とリビングの方に言われて(笑)
変な気をまわしてしまいました。

毎年実家でやっているのを見ても思いますが、機械でやっているところを昔は植えるのも刈るのもみんな手作業でやっていたかと思うと、本当に頭が下がります。

f0238584_10233926.jpg

コンバインで刈り取った稲はその中で脱穀までやってくれます。
なので手刈りした稲はコンバインの途中に入れ込むそうです。
そして脱穀されたお米は↑の乾燥機に入れて適量の水分量になるまで乾燥させます。
今の乾燥機は優秀なので新米だからといって炊く際に水を減らさなくても大丈夫なんだそうです。

f0238584_10234165.jpg

乾燥したお米は籾摺り機へ。


f0238584_10234189.jpg

この中にあるゴムロールで籾が摺られていくそうです。
大きな音を立てて・・・

f0238584_10234247.jpg

玄米となって出てきます。
ここで異物などと選別。

f0238584_10234347.jpg

そうして完璧な玄米となります。

f0238584_10234390.jpg

ここからは手作業です。

この方は息子さん。
この企画に「イケメン男子」をと、選ばれたのだそうです(笑)
ほんとに、まだ若くてちょっとシャイな「イケメンせがれ」でした!
しかし、すでに可愛い奥さんのお腹には7ヶ月の子がいるそうで、とっても幸せそうでした。
イケメンせがれが愛情込めてつくるお米は絶対美味しいです!!

f0238584_1023444.jpg


編集長や私達も作業させてもらいました。
袋を閉じて、後ろのパレット台に移します。
私もたまに30kgの米袋を持ちますが、これを続けるとなるとしんどいです(汗)

f0238584_1245253.jpg

こうして直売やJAへと出荷されるのを待ちます。

f0238584_10234485.jpg

ちなみにこれ、何だかわかりますか?
風や雪よけだそうです。
この辺りは空っ風が強く、冬は吹雪も。
だからこそ美味しいお米ができるらしいんですが、これがあるだけでだいぶ助かるそうです。
言われてみると、道一直線にずーっと備えられていました。

f0238584_10233757.jpg

一通り作業を終えて、待ってました新米おにぎりー!!

f0238584_10233763.jpg

伝わるかな~この艶!
そしてもっちもち!!
実家のものより何倍も美味しい!!!!

お母さんが言うには、冷めれば冷めるほど美味しいと。
おにぎりにはもってこいですね。
塩がちょっとでお米の甘さが引き立ちます。

f0238584_10233812.jpg

お米には粘土層が良いと言われているのできっとそうなんでしょう。
そして乳酸菌が豊富な土壌で育てたコシヒカリ。
乳酸菌の抗菌作用を利用して、農薬の使用を最低限に留めているんだそう。

福島で有名な「飛露喜(ひろき)」の酒米も作っているそうで、それは美味しいに決まってます。

こちらのT-farmingさんのコシヒカリ
ネット販売では手間いらずの「無洗米」加工でお届け。
これは食べる価値ありますよ~。

http://www.t-farming.com/


今回の内容は、11月7日発売のESSE12月&1月合併号とリビング福島・郡山11月9日号に掲載されます。
[PR]
by kokonehanako | 2013-10-02 12:07 | ESSE

【農家レストラン けやき蔵】

急募!たのしーことCLUBはこちら→

イベント「つながリズム。vol.8」(→)のワークショップとコラボカフェのお申し込み状況です。
(9/27現在)
まだ受付中です。
お申し込みお待ちしています!

1日目のワークショップは→

2日目のコラボカフェは→

カフェとワークショップはご予約が必要ですが
それ以外の展示・販売(ハンドメイドの雑貨・お菓子等)はご自由にご覧いただけます。
ご予約のない方もお気軽においでください   


***************


「新生!ふくしまの恵みプロジェクト」

最初に向かったのは
農家レストラン 「 けやき蔵」

f0238584_1444270.jpg

道が細くてバスが入れないかもということで少し歩きます。

f0238584_1444479.jpg

蔵のお家や昔の塀が続いていて風情があります。

f0238584_1444614.jpg

敷地には大きなけやきの木がそびえ立っています。
普通に住まわれている農家のおうちです。

f0238584_1444848.jpg

入口には季節の花や作物があしらわれて。

f0238584_1445018.jpg

お食事がすでに並んでいました!
テンションあがります‼

f0238584_1445282.jpg

醤油麹に漬けた鶏肉の燻製。
手間がかかってます。
添えられたトマトもとっても美味しいんです。

f0238584_1445394.jpg

身欠きにしんの甘辛煮
塩麹漬け豆腐と三五八漬け豆腐
立川ごんぼの春巻揚げ
アスパラの伊達巻
海藻のにこごり(我が家のとはまた違ってぷるんぷるん)


f0238584_1445546.jpg

ごぼうの笹鮨
これが「立川ごんぼ」と言われている会津の伝統野菜。
香りが高く、味が濃いのが特徴だそう。
いただいたごぼう茶もとっても良い香りでした。

f0238584_144573.jpg


会津のコシヒカリとかぼちゃのお団子が入った味噌汁

f0238584_145047.jpg

甘麹とプルーンソースをかけたヨーグルト。
砂糖を使わないのに充分な甘さ。

f0238584_145293.jpg

ぶどうも甘くって。
編集長とリビングの社長にぶどうを勧めたら
「いや、もうお腹いっぱいで」
とおっしゃるので
「男の方って、剥くのが面倒であんまり食べませんよね~」
って話したら、全くその通りでした(笑)
しかし、緑のぶどうは種もなく皮ごと食べられたので、編集長もパクッと^^

f0238584_1445998.jpg

椎茸の天ぷらかと思いきや、「お饅頭の天ぷら」!
なぜお饅頭を揚げるのか?
時間が経って硬くなったお饅頭を揚げて食べるようになったんだそう。
これ、どのタイミングで食べるのか?

f0238584_10174946.jpg

編集長がまず挑戦!
「ん?」
という表情。
「天ぷらだけど、お饅頭。お饅頭だけど天ぷら・・・」
みたいな感じです(どっちだ?)
結論、これはおやつ的な存在みたい。

そんな優しく親しみやすいESSE編集長のブログにも私達がアップされています→


こ~んなボリュームでなんと1500円というのだから驚き!!
野菜ソムリエの資格を持つ女将さんの心づくしのおもてなしがほんとにあたたまります。

パンフレットやガイドにも載っていない、隠れ家的なレストラン。
完全予約制でオープンしているそうです。


こっそり教えちゃいます^^
福島を訪れる際にはぜひご予約してみてはいかがでしょう。
会津の野菜が存分にお楽しみいただけますよ。

農家レストラン 「けやき蔵」

〒969-6513
福島県河沼郡会津坂下町立川金山153

TEL.FAX 0242-82-2387


今回の内容は、11月7日発売のESSE12月&1月合併号とリビング福島・郡山11月9日号に掲載されます。
[PR]
by kokonehanako | 2013-10-01 10:22 | ESSE

【福島の特産物って?】

イベント「つながリズム。vol.8」(→)のワークショップとコラボカフェのお申し込み状況です。
(9/27現在)
まだ受付中です。
お申し込みお待ちしています!

1日目のワークショップは→

2日目のコラボカフェは→

カフェとワークショップはご予約が必要ですが
それ以外の展示・販売(ハンドメイドの雑貨・お菓子等)はご自由にご覧いただけます。
ご予約のない方もお気軽においでください   


***************

退院して中1日で、福島に行って来ました~(私ってタフかも)
退院がこんなに長引くとは思っていなかったので正直焦りましたが・・・汗


今回はESSEでの企画「新生!ふくしまの恵みプロジェクト」というものに参加させていただきました。

ご一緒したのはESSEプラチナレポーターの小林ゆうさん、佐伯桃子さん
(後々、プラチナレポーター一覧を見たら上下に位置していたのでびっくり!何かのご縁ですね~)

そしてESSE編集長、編集の方、ライターさん、カメラマンさん、福島リビング新聞社の方々、福島県農林水産部の方々もご一緒で大所帯でのツアーとなりました。


f0238584_10333599.jpg


新幹線で郡山に降り立ち、バスに乗って向かったのは、会津地方。
その間、今回の流れについての説明。

福島といっても会津は福島第一原発から100km。
距離でいうと、栃木の那須や茨城の日立などと同じ場所にあります。
こんなに離れていても「福島」ということで風評被害にあわれているのが現状。


ツアーの目的は
「福島のお米の検査の様子を取材、体験すること」

とその前に、福島の特産物って?
わかりますか?
私は桃くらいしか浮かびませんでしたが、色々あるみたいなんです。


f0238584_9332729.jpg

こちらの可愛い手ぬぐいをいただきました。
これに特産物が!

f0238584_9332661.jpg

名づけて「ふくしまイレブン」

今年度から福島県の多彩な農林水産物のうち「ふくしまの顔」となる11品目を県内外に向けてPRしていくこととなったようです。
これらは上位ではないけど、全国10位以内に入っているそうなんです。
そういえば震災前、首都圏スーパーには福島県産を多く見たような覚えがあります。
その後、風評被害を減らす為に、どのような努力をされているのかを、レポートしていきたいと思います。


まずは「ふくしまの恵み」をいただきに・・・

今回の内容は、11月7日発売のESSE12月&1月合併号とリビング福島・郡山11月9日号に掲載されます。
[PR]
by kokonehanako | 2013-09-30 10:59 | ESSE

【受講してます。】

先週から受講している、「ビストロ電子レンジ科」では、
フレンチ・イタリアンコース
和食・中華コース
おうちパーティーコース
お料理ビギナーコース
があり、私は「和食・中華コース」を学んでいます。

普段の食卓に一番登場する和食・中華をワンランクアップさせるのに良さそうなコースです。

Lesson1は「グリル機能~焼き物」

メニューは「サーモンけんちん焼き」でした。

f0238584_123593.jpg

このスピードグリル皿が大活躍!
遠赤外線ヒーターで表面をパリッと。
近赤外線ヒーターで脂を効率的に落としてヘルシーに焼き上げてくれます。
しかも、手前半分だけを加熱することができるので、1~2人分を調理したいときに無駄を抑える省エネ。

f0238584_1234998.jpg

今までのレンジに比べて、焼き上がりの速さに驚きです!
しかもパサつかず、こんがり焼きあがって、美味しい!
家族にも大好評でした。
さぁ、先生からの評価はどうかな…。
[PR]
by kokonehanako | 2013-06-21 18:09 | ESSE


手仕事とおうちcafe


by kokonehanako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お問い合わせやご予約はこちらへ

kokonehanako
@yahoo.co.jp
(件名にCOCORO.ne cafeとお願いします)

またはコメント欄に非公開でお願いします                                

ESSE プラチナレポーターにも参加しています
ESSE webはこちら↓
f0238584_0175055.gif



最新のトラックバック

house renova..
from house renovati..
exterior hom..
from exterior home ..
http://www.h..
from http://www.hom..
便秘の解消で毎朝すっきり
from 便秘解消法

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧