タグ:ESSE ( 67 ) タグの人気記事

【京都をめぐる、レンジ科グルメ研修ツアー@食その1】

お待ちかねの夕食は、杉本家から歩いてすぐのところにある「和ごころ 泉」
f0238584_17011245.jpg
まずは「桜茶」

春の香りが漂い・・・
f0238584_17031201.jpg

「くみあげ湯葉寒」

金継ぎされている器がツボです

f0238584_17032004.jpg

「よもぎと蛤のしんじょう」

魚のすり身を蒸したもの
通常は黒のお椀だそうですが、よもぎがくすまない様に朱色のお椀で。

f0238584_17033013.jpg

「お造り」

カサゴの炙り焼きは珍しく、直送だからこそ。
他に金目、マグロ、白鯛、ハリイカ、
筍はフランスの塩で頂きます

f0238584_17035306.jpg

泉さんの説明を聞きながら、美味しいお酒も。
泉さんの限定酒や佐々木蔵之介さんのご実家のお酒など。

f0238584_17040946.jpg

「八寸」

八寸とは懐石料理に用いる器。
お皿には3人分がきれいに盛りつけられて目にも楽しい。

f0238584_17041812.jpg
「赤貝のてっぱい(ぬた)、いかなごのくぎ煮、豆腐のもろみ漬
明石のイイダコ一寸豆、ホタルイカ、鴨ロース、卵のカステラ、サヨリの桜寿司」

f0238584_17042532.jpg

卵のカステラはなんと6時間かけて焼いているそう。

f0238584_17044163.jpg

酒器も一つ一つ違ったもので楽しませて頂きました。

f0238584_17044726.jpg

「さわらの焼き物」

酢茎という漬物を混ぜた大根おろしをのせてさっぱりと。
この”酢茎”というのも初めて耳にしました。
”柴漬” ”千枚漬”と合わせて京都の三大漬物。
時候漬けと言って48℃の中で発酵させるもので、乳酸菌がとても豊富なんだそうです。

f0238584_17045592.jpg
「生牡蠣」

3年物だそうで、ミルキーだった(らしい)
残念ながら、私1人、あの事件があったので蒸したものを頂きました。

f0238584_17050348.jpg

こんなに大きいんです!
地場牡蠣と認定した牡蠣だけにつけられる「アダコ/TOBA」のタグがついています。

f0238584_17051126.jpg

「筍の煮物 鳴門の天然わかめ添え」
 
お出汁がきいて筍の香りとわかめの歯ごたえが良いです。

f0238584_17051851.jpg

「白魚とうすい豆の炊き込みごはん」

土鍋で炊くご飯は美味しいに決ってますね。
豆は先に炊いて後から入れると色が鮮やかになるそう。

f0238584_17053627.jpg

「山椒の餅麩の八丁味噌汁」

八丁味噌のきつさは全くないのは、味噌を1か月間干しているから。

f0238584_17054425.jpg

「苺(あまみつ)、ボンタン、マンゴー、紅茶の豆乳ババロア」

f0238584_17055904.jpg

 「おうすと桜餅」
”おうす”とは薄茶のことだそうです。
桜餅もこんな演出がされていて目にも楽しいです。


どれも季節感があり、こだわって選び抜いた素材を泉さんの調理によって引き出されていました。
器も国宝や作家さんのものを使われていて、「和ごころ」を存分に感じることができました。
なによりそのお人柄にも惹かれるのだと思います。


・・・つづく。


[PR]
by kokonehanako | 2014-04-21 13:29 | ESSE | Comments(0)

【京都をめぐる、レンジ科グルメ研修ツアー@杉本家】

2日目は、重要文化財である杉本家見学。

財団法人奈良屋記念杉本家保存会の事務局長でもあり、きょうの料理などにも出演されている料理研究家、杉本節子先生。
なんとその杉本さんがご案内してくださいました!

f0238584_16004325.jpg
撮影NGだったため、中の様子を伝えられないのが残念ですが・・・

現在の建物は明治3年(1868)の棟上。
通りに向かって戸口を開け、「鰻の寝床」と呼ばれる奥へ深く建物が延びる構成、と典型的な京町家の姿をそのまま保っています。
中に入ると、外からは想像できない広さ。
重厚なつくりと季節を感じる庭や、それぞれが意味を持ついくつもの部屋。
昔の寒さや暑さをしのぐための工夫。
暮らしのしきたりや年中行事の作法などを記した「歳中覚」を見せていただきながら、それらを継承していることをお聞きしました。
江戸時代から用いられてきた什器や かまども見せていただき、当時の暮らしや文化に触れることができました。
建物や文化、暮らしそのものに「侘び寂び」を感じることができ、日本人の心を忘れてはいけないと思いました。
何より杉本さんご本人がお出ししてくれたお茶がとてもおいしく、お茶一つにしても「おもてなし」の心があるのだと感じました。


ちなみに「おばんざい」という言葉は後からつけられた言葉なんだだそうです。
昭和39年、朝日新聞京都支局が「おばんざい」というタイトルの京都の家庭料理を紹介するコラムを連載したことからで、普通に「おかず」と言われていたそうです。
まわりから「おばんざい」と言うのが浸透して、京都の人もそれを受け入れたそうです。


・・・つづく。
[PR]
by kokonehanako | 2014-04-19 10:33 | ESSE | Comments(0)

【京都をめぐる、レンジ科グルメ研修ツアー@カフェ】

西本願寺を後に、ちょっと歩いて四条にある「木と根」へ。  
f0238584_17260356.jpg

店内には厳選された雑貨さんの器や雑貨
f0238584_17265110.jpg


中では藤編み教室が開催されていました。
近くにこんな素敵なお店があったらな・・・

f0238584_17281210.jpg


ゆっくり本を読みたくなる・・・

f0238584_17275530.jpg
f0238584_17470245.jpg
f0238584_17282431.jpg
 
f0238584_17283434.jpg

挽き立てのコーヒー

f0238584_17284518.jpg

自家製チーズケーキ

ちょっとゆっくりした時間を・・・


・・・つづく。


[PR]
by kokonehanako | 2014-04-18 10:26 | ESSE | Comments(0)

【京都をめぐる、レンジ科グルメ研修ツアー@観光その1】

 
1月にちらっとお知らせしましたが、Panasonicのオーブンレンジ「ビストロ」の電子レンジ科web通信講座の2期卒業課題で「優秀賞」を頂きました!
賞を頂いたレシピは「ミニタコス」→
他の2名の方のレシピも載っています。

そして先日、特派員として辻調グループ協力「京都をめぐる、レンジ科グルメ研修ツアー」に参加してきました!
しばらくこのレポートが続きますがお付き合いください。


f0238584_16262786.jpg
集合は京都に2時。
せっかくだからと10時に着く新幹線で早朝に出発。

f0238584_16285197.jpg
京都タワーを目の前に、京都にきたー!と、ひとり心の中で。
ホテルに荷物を預け、早速、京都散策。
高校の修学旅行以来の京都なのでとりあえず観光を。

f0238584_16402679.jpg
まずは近くの東本願寺へ。
残念ながら阿弥陀堂は修復工事で見学できず、お参りだけ。

f0238584_16442227.jpg
しかし、歩いているだけでも古都を感じます。


f0238584_16444632.jpg
一般のお宅ですが、登録有形文化財。
f0238584_16450836.jpg
京都市指定有形文化財の本願寺伝道院。
街中にはたくさんの歴史的建造物。

f0238584_16454829.jpg
西本願寺は春の特別公開により、書院と飛雲閣を見学することができました。


・・・つづく。




[PR]
by kokonehanako | 2014-04-17 17:16 | ESSE | Comments(4)

【ESSE座談会】

f0238584_9444430.jpg



一昨日、ESSEの座談会に参加してきました。
場所は扶桑社の会議室。
前回参加したときは、編集長、副編集長、編集者の方々が前に並び、まるで面接のようでした。
当然、緊張して本音が出る状態ではなかった・・・

しかし、今回は5名のレポーターの方々と、前半2時間は過去のESSEを見ながらアンケートを記入し、後半2時間は3名の女性社員の方々と座談会という形。
和気藹々と会話も弾み、本音も出て、楽しい時間を過ごすことができました。

過去のESSEを並べてみると、表紙の芸能人やカラーやタイトルでずいぶん印象が違うことに気づきます。
ESSEは雑誌としては珍しく、読者の年齢層が幅広いそう。
今回出た意見として共通していたのは、
「ものを大切にしてシンプルな暮らしをしたい」
ということ。
年齢関係なく、ものがあふれている現代のテーマなのかも。

私自身、生活を見直すところがまだまだたくさん!
これからも手作り、料理、暮らしを通して、ESSEの誌面作りに少しでも協力していけたらと思います。
[PR]
by kokonehanako | 2014-04-10 10:11 | ESSE | Comments(0)

【ノルウェーサーモン簡単レシピ】

ノルウェーサーモンのレシピ考案をさせていただきました。

ノルウェーサーモンには、EPAやDHAをはじめ、肌や粘膜をつくる機能を正常に保ち、目の乾燥を防ぐ働きがあるビタミンAなどの栄養素が豊富に含まれています。
ヘルシーで良質な脂肪が身に均一にのっており、生で食べてもやわらかく、消化がいいのが特長です。
生で食べれば調理による栄養の損失もありません。
なんといってもとれたてを生のまま空輸されるので火を通してしまうのはもったいない。
そこで生で食べられる簡単レシピを考えました。


f0238584_12374697.jpg


「サーモンと野菜のテリーヌ」

●材料(4人分)~14×20×4cmの型~
ノルウェーサーモン・・・・・・・6切れ(薄切り)
アボカド・・・・・・・・・・・・1個
ミニトマト・・・・・・・・・・・8~10個
クリームチーズ・・・・・・・・・3P(45g)
a)水・・・・・・・・・・・・・2カップ
  粉寒天・・・・・・・・・・・小2
飾り用ハーブ
ソース)マヨネーズ・・・・・・・大1
    プレーンヨーグルト・・・大1
    粒マスタード・・・・・・小1
    はちみつ・・・・・・・・小1

●作り方
①ノルウェーサーモンは薄切りに6切れ切る。
②アボカドは皮を剥いて1cm角に切る。
 トマトはくし切りに4~6等分に切る。
 クリームチーズは1cm角に切る。
③a)の水を鍋に入れて粉寒天を振り入れ火にかけて煮立ったら弱火にして2分煮溶かす。
 粗熱をとる。
④容器に①と②を敷き詰めて③の寒天液を注ぐ。
 この時サーモンに直接かからないように周りから流し入れる。
⑤冷蔵庫で冷やし固める。
⑥ソースの材料を合わせて混ぜる。
⑦⑤を切り分けて器に盛り、ソースをかけてハーブを飾る。


f0238584_12392652.jpg


「サーモンの柚子胡椒マリネ」

●材料(4人分)
ノルウェーサーモン・・・・・・・・・8切れ
菜の花・・・・・・・・・・・・・・・1/2束
ミニトマト・・・・・・・・・・・・・8個
木綿豆腐・・・・・・・・・・・・・・1/2丁
マリネ液)しょうゆ・・・・・・・・・大1
     みりん・・・・・・・・・・小1
     酢・・・・・・・・・・・・大2
     柚子の搾り汁・・・・・・・大2
     柚子胡椒・・・・・・・・・大1
     ごま油・・・・・・・・・・大2

●作り方
①サーモンは一口大に切る。
 菜の花はさっと茹でて水にさらし、軽く絞る。
 木綿豆腐は水切りし、手でくずす。
②マリネ液を混ぜておく。
③①とミニトマトをボールに入れ、マリネ液と和えて冷やしておく。
④20分ほど経ったら器に盛り付ける。



生ならではの美味しさと鮮やかさを楽しめる簡単レシピ。
参考にしてみてくださいね。


[PR]
by kokonehanako | 2014-03-10 12:46 | ESSE | Comments(0)

【撮影「日産デイズルークス」】

2月7日に発売されたESSE の「日産デイズルークス」の広告ページに載せていただきました。
料理もハンドメイドも関係ないけど、ESSEプラチナレポーターとしてね。

f0238584_10115861.jpg
「デイズ」といえば、嵐のCMでお馴染み。
その中でもママのために生まれたのがこの「ルークス」
f0238584_10115919.jpg
一足先に先行内覧会。
軽自動車なのに広々としていて、内装もママの痒いところに手が届くようなつくり。
企画開発された方が小さいお子さんがいる女性で、”ママがストレスなく運転できる車”を実現しています。
駐車が苦手な方もあの”アラウンドビューモニター”搭載でラクラク。


f0238584_10235442.jpg
撮影は都内のスタジオで行われました。
ほとんど外での撮影だったんですが、中も素敵でした。
ご一緒した方々もとてもお話ししやすくて楽しかったです!

今月号のESSEには情報満載!
「春の無印良品デニムスタイル」には憧れの素敵なご夫婦がずらり。
「つくりおきサラダとおかず」も役立ちそう。
片づけも真似したい・・・etc


余談ですが・・・
ちょっと悔やまれるのが、コートは脱ぐと思っていたのにコート着用での撮影。
しかも寒かったのでダウン。
お正月で太ったのに、さらに着膨れ。
いや、写真は正直なのか~
わかってはいたけれど、ダイエットしなければと改めて思うのでした(苦笑)
私物の刺し子bagを持ってと言われたのは良かったんだけど。


************


この寒さで公園にはまだ雪が。
先日リサイクルショップで長女にちょうど良いサイズのスキーセットを購入。
昨日それを持ち出し、いざ公園へ。
ソリボーで慣れていたせいか、転ばないで滑ってるー!
ソリは居てもさすがにスキー板まで履いていたのはうちの子と、古い板を履いていたベテランおじいちゃんだけでした(笑)
そのおじいちゃんに初めてにしては上手だと褒められ鼻高々^^
ここで基礎だけやっておけば、すぐにゲレンデデビューできるね。
っていうか柏でスキーができるなんてびっくり(笑)

f0238584_1133866.jpg

[PR]
by kokonehanako | 2014-02-12 11:30 | ESSE | Comments(2)

【お掃除上手な加湿空気清浄機】

またまたPanasonicさん。
賢い家電づくしです。
 
加湿空気清浄機

以前、2012年タイプのモニターをさせていただき、この良さはお墨付きです!
その様子はこちら→
PanasonicさんのHPでも検証結果が→
f0238584_15491158.jpg
業界最速、集じんスピードNo.1!
業界トップクラス、たっぷり加湿!!

そして新発想のおそうじ気流で留守そうじ運転!!!
??
この機能、うちにある2012年製にはついていない?

f0238584_15491829.jpg
「留守そうじ」運転をON

ひとセンサーが不在を見分ける

15分間人の動きがなければ空気のおそうじが自動でスタート

スイング気流(30分)でまずは上方のほこりを吸引

おそうじ気流(30分)でほこりが床に落ちるのを防ぐ&床上空間のほこりを集中吸引


こんな具合に自動でおそうじしてくれるそうなんです!


f0238584_15491284.jpg
こちらは軽量&コンパクトモデル
寝室や子供部屋、ワンルーム向き。
持ち運びしやすいようにハンドルつきです。
f0238584_15491215.jpg
こちらはうるおいアロマモデル
「留守そうじモード」もついて「アロマモード」にもなるので寝室にいいかも。
乾燥している今の季節に欲しい機能です。

我が家ではリビングにある昨年モデルのものを、夜は寝室に移動してまで使っています。
他の空気清浄機があるにもかかわらず・・・
そこまでするのは、加湿空気清浄機の良さを実感しているから。

花粉やPM2.5などの影響で、今では欠かせない家電の1つ。
持っていない方、もう1つ欲しい方など、ご検討の参考に・・・
[PR]
by kokonehanako | 2013-12-05 08:23 | ESSE | Comments(0)

【かしこい節電冷蔵庫】

おうちcafeやOne Day Shopをはさみながら
「ESSE Autumnプレゼンテーション2013」でのレポに戻ります。

3つ目のご紹介はこれまたPanasonicさん。
トップユニット式冷蔵庫NR-F568XG
f0238584_15465697.jpg
Pansonicといえば、エコナビですよね。

「かしこくエコ」
ドアの開閉や部屋のあかりなど暮らしに合わせて自動で節電。

「しらべるエコ」
冷蔵庫の収納量の変化までも検知して無駄な冷やしすぎを抑えてくれるらしいんです!
どうやって調べるの?
それは「光」、庫内のLED。
これって世界初なんだそう。

「おやすみエコ」
おやすみ中は使わないからエコナビ運転。

 
f0238584_15465763.jpg
そしてなんといっても、大容量!
特にドアポケットの棚が広くて、たっぷり入るんです。
両扉あるので、欲しいものだけ取り出せる節電効果も。

f0238584_1546588.jpg
冷凍室や野菜室はフルにオープンするので、奥のものも取り出しやすいんです。
しかも全室ナノイーで清潔に保ってくれます。

f0238584_15465992.jpg
これこれ、確かにうなずけます。
冷蔵庫ってすでにインテリアの一部ですよね。

f0238584_1547055.jpg
この上質な輝きとガラスが持つ透明感で洗練されたキッチン空間を演出してくれそうです。
今回、この「フルフラットガラスドア」でドア前面にあったフレームの段差をなくすことを実現。
溝に入る汚れの心配もなく、お手入れが簡単。
f0238584_1547329.jpg
お部屋に合わせてこの3色展開です。

f0238584_1547457.jpg
普通の冷蔵庫内にあるチルド室が「パーシャルフリージング」に切り替えできます。
このチルドでも冷凍でもない-3℃という微凍結がポイント。
細胞のまわりが少し凍ってるだけなので氷の結晶で細胞が傷まず、おいしさが長持ち。

f0238584_1547285.jpg
試食でこの機能を使った「ミニトマトのハニーレモンシャーベット」をいただきました。
残念ながら時間が経ってしまってシャリシャリ感はなくなってしまいましたが、トマトのみずみずしさがそのままでした。
このほかにも一瞬でジュレができたり、塩分を控えたり、プリンを早く固めたりと、料理のレパートリーも増えそうです。


今の冷蔵庫、8年前に比べて年間消費電力量が半分以下にダウンしてるらしいです。
しかもサイズはそのままでも容量もアップ。
うちの冷蔵庫、そういえばちょうど8年くらい前だ~。
そろそろ買い替えの時期に突入でしょうか・・・
欲しい~!
[PR]
by kokonehanako | 2013-12-04 17:00 | ESSE | Comments(0)

【衣類スチーマーで美服!】

2つ目は、Panasonicの衣類スチーマーNI-SF300。

f0238584_13242299.jpg
着ようと思っていた服を出したら、シワが(汗)
なんてことありませんか?

そんな時あきらめて別の服にしてしまう場合が70%だそう。


f0238584_13242135.jpg
やっぱりこれがあったら便利!だと以前から思ってました。
実はアイロンがけが苦手&嫌いな私。
こんなアイロンもかけられないふんわりした服も、Yシャツも吊るしたままかけられるのは便利。


f0238584_13242279.jpg
ハンガーに吊るしたままできるので、慌しい朝やお出かけ前に便利。

f0238584_13242381.jpg
しかも気になる匂いの脱臭や除菌までできるなら。

f0238584_13242499.jpg
クリーニング代も節約できそうですね。
[PR]
by kokonehanako | 2013-11-28 13:23 | ESSE | Comments(0)


手仕事とおうちcafe


by kokonehanako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お問い合わせやご予約はこちらへ

kokonehanako
@yahoo.co.jp
(件名にCOCORO.ne cafeとお願いします)

またはコメント欄に非公開でお願いします                                

ESSE プラチナレポーターにも参加しています
ESSE webはこちら↓
f0238584_0175055.gif



最新のコメント

kopuhanaさん ..
by kokonehanako at 16:25
昨日伊勢丹で拝見させてい..
by kopuhana at 20:53
jun_homeさん ..
by kokonehanako at 17:42
お久しぶり! うちの雛..
by jun_home at 14:22
kokotownさん ..
by kokonehanako at 18:16
mikubiyoriさん..
by kokonehanako at 18:14
shigeちゃん 2匹..
by kokonehanako at 18:12
香り豊かで美味しいコーヒ..
by kokotown at 08:45
いつも拝見しているだけな..
by mikubiyori at 23:33
先日一頭お持ち帰りした者..
by shige7122 at 15:17

最新のトラックバック

house renova..
from house renovati..
exterior hom..
from exterior home ..
http://www.h..
from http://www.hom..
便秘の解消で毎朝すっきり
from 便秘解消法

検索

ファン

ブログジャンル